アスペルガー症候群 有名人は天才!?

アスペルガー症候群 有名人は天才!?

 

アスペルガー症候群の歴史について

 

1944年にオーストリアの小児科医ハンスアスペルガーによって初めて報告されたが、当時はあまり注目を集めれず1981年にイギリスの医師ローナウィングがアスペルガー症候群を発見して紹介したことで、1990年代より世界中で徐々に知られるようになったという。

 

こういったことからもアスペルガー症候群の有名人についても、コミュニケーション能力が欠如していたり、ある物事に強く興味を示すなど、昔の偉人や発明家、作曲家など天才肌を持つ人間に多くいたのではないかといわれています。

 

噂では偉大な作曲家バッハ発明家アインシュタインもアスペルガー症候群だったのではといわれているようです。また最近では、皇太子様のお子さんの愛子様も一部の週刊誌では自閉症やアスペルガー症候群なのではという、噂も飛び交っています。真実については不明ですが。

 

アスペルガー症候群の有名人はどんな人でしょうか。

 

アスペルガー症候群というと自閉症と似たような印象を持つ人もいるかもしれませんが、アスペルガー症候群については、知的障害や言語障害のない高機能の自閉症=アスペルガー症候群というように分類されるようです。

 

このことからもアスペルガー症候群より自閉症の方が重い障害ということになります。自閉症という障害は、性格的なものではなく、先天性の脳疾患のために起こるといわれています。

 

映画やテレビドラマのテーマとして扱われることも多く有名な作品でいうとスマップの草薙剛さんが演じたドラマ「僕の歩く道」やダスティンホフマンが演じた映画「レインマン」などが有名ではないでしょうか。

 

 

自閉症について詳しく知りたい方は

 

上記で紹介したドラマや映画を見ることで自閉症という障害についての現実がどのようなものか、理解ができるのではないでしょうか。

 

ただし上記の映画やドラマは自閉症やドッペルガー症候群の一例に過ぎないといわれています。

 

また自閉症とアスペルガー症候群の共通するところでコミュニケーション能力の欠如という部分がよく言われますが、自閉症やアスペルガー症候群の特徴には以下のようなことがあるようです。

 

普通、人と人がコミュニケーションをとる場合、言葉の意味とともに相手の表情や言い方、声のトーン身振り手振りから、その人が意図してることは何なのか探し感じることでコミュニケーションが円滑に進みます。

 

アスペルガー症候群や自閉症の障害を持つ人の特徴

 

しかし、アスペルガー症候群や自閉症の障害を持つ人では、それらの感情やしぐさなどからの情報を得ることができないといいます。そのため、相手が笑いながら冗談を言った言葉に対して冗談として受け取ることができず、その言葉の意味だけを真剣に受け取ってしまい、誤解が生じたりコミュニケーションでのすれ違いが起きやすいといいます。

 

またアスペルガー症候群の特徴としては、ある一部分にのみ強い興味や関心を示したりすることもあるようで、

 

草なぎ剛さんが演じたドラマ「僕の歩く道」の主人公で言えばツールドフランスの歴代優勝者すべての暗記が出来るといったことがアスペルガー症候群や自閉症の特徴などにあります。

 

アスペルガー症候群の治療法や対策はある?

 

自閉症やアスペルガー症候群を専門に扱うカウンセラーと協力し自立へ導くプログラムを受ける方法などがあるようです。また家族がアスペルガー症候群の疑いがあるのではと思ったらまずは病院や専門家等へ相談することをおすすめします。

 


 

>>
アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」公式サイトはコチラ