馬券の税金を無視してると‥

馬券の税金を無視してると‥

馬券に税金が掛かる!?

 

馬券に税金が掛かる!馬券に税金が掛かる。このことを聞いてえっ!と思うかもしれませんが、実際には馬券に税金が掛かるのではなく当たり馬券に税金が掛かるようです。

 

馬券にあまり当たったことがない人でも馬券に税金がかかることだけは覚えておきましょう。

 

ちなみに馬券に税金が掛かりますので、しっかりと年度末に申告を行わないと、税務署から税金払ってくださいという怖いハガキが送られてくると言った話も聞きますので、確定申告を行っていない人はしっかりと申告しておきましょう。

 

といっても払戻金が1万円でも申告しなければならないのか‥というとそうでもなく、年間通しての払戻金の合計額が50万円までは特別控除があり納税の義務はないようです。

 

特別控除についての計算式は、(払戻金-当たり馬券の購入費用=50万円を超える場合申告が必要)ということになっています。

 

ちなみに当たり馬券を購入した金額しか差し引くことができないので、実は前のレースで10万円負けたとかトータルでは競馬で損失の方が多いといった場合の購入費や負け額は一切関係がないといいます。

 

(※かなり厳しいルール(笑))なので年間トータルでは負け続けていても、一度もしくわまぐれで当たった払戻金-当たり馬券の購入費用=50万円を超える場合には確定申告を行う必要が出て来るようです。ちなみに馬券の払戻金は一時所得にあたります。

 

 

馬券の税金は一時所得!?

 

この一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、馬券の払い戻し金以外には、生命保険の満期での満期金や竹やぶでお金を拾って警察に届けたが持ち主が現れず結局自分のものになったといった所得などが一時所得だそうです。

 

馬券の税金については、特別控除額の50万円を意識して、それ以上のお金を手にしている場合にはしっかりと申告を考えましょう。実際には払っている人は少ないとするようにしましょう。

 

といっても、馬券で税金を納めなければならないほど競馬で買っている人はごく僅かだと思いますので普通の人は馬券の税金自体気にしなくて良さそうです(笑)もし特別控除額の50万円を超えている稀な人がいましたらしっかり申告しましょう。

 

馬券の税金については、人それぞれ所得額に応じて税率などが変わってくるようですのでよくわからない場合には知り合いの税理士さんなどに相談すると良いでしょう。

 

しっかり申告することで税務署にビクビクせず、もっと競馬を楽しむことができるができるのではないでしょうか。以前万馬券が当てて話題になった爆走問題の田中さんも馬券の税金はしっかり申告しているようです。

 

 

現在売れている人気の競馬予想ソフト

 

最近では、競馬予想ソフトも多く販売されています。まだ競馬の税金を払うほど当たったことが無い方は、的中率の高い競馬予想ソフトを導入してみましょう!

 

商品名 「ウィニングロボ
☆的中率81%回収率300%以上を実現!☆

過去18年以上もの経験と数年分のデータを検証し、たとえ競馬を知らない初心者であっても高い確率で利益を生み出す競馬予想ソフト。2008年からバージョンアップを繰り返し、現在も売れている!

☆サポート
1.回数無制限オンラインメールサポート
2.システムバージョンアップ
3.購入者限定メール速報

☆特典
1.サンキュー競馬・簡易版
2.自動買い目抽出エクセルソフト:サンキュー競馬バージョン

※購入した週末2日間(土・日曜)試していただいて一度も的中することが無かった場合にはであなたがお支払いになった金額を1週間以内に全額返金保証付き

>>ウィニングロボの公式サイト
価格 返金保証 初心者
24,800円 有り