母子家庭で生活保護の制度は受けられる!?

母子家庭で生活保護は受けられるのかな。母子家庭の生活保護を受けても手当てだけで暮らしていけるの!? 母子家庭で生活保護を受けるためには、生活保護の条件に該当しなければならないけどその条件って結構複雑なんですね。

スポンサードリンク

母子家庭に限らず生活保護を受けるには審査があって、これがかなり厳しいみたいです。 ちなみに生活保護を受ける条件としては、仕事で得た給料、年金、各種福祉手当、仕送りなどの金額が生活するうえで掛かる費用(最低生活費)に満たない場合に、 生活保護から手当てを受けることができるようです。この最低生活費というのは、どんなものかというと、全部で8つあって、 衣食に関わる費用の生活扶助。住宅に住むための家賃の費用の(住宅扶助)子供の小、中学校に掛かる費用の教育扶助。病気や医院にかかったりしているときの費用の医療扶助、 出産するための費用の出産扶助、仕事につくために学校に通ったりする費用の生業扶助。火葬や埋葬などの費用の葬祭扶助。介護保険料と自己負担費用などの介護扶助。 これら8つの費用が上記で上げた給料や年金、各種福祉費用等をプラスした収入より多い場合には生活保護を受けられる条件に当てはまるようです。 ただ、そのほかにも審査される部分は多く、収入に関しては世帯全体の収入が適用されるようです。例えば、両親がそれぞれ働いていた場合には、 父と母の両方の給料をプラスした額が最低生活より少ないなど世帯全体の収入において生活保護が必要かどうかが検討されるようです。 ちなみに借金がたくさんあって生活ができない、父親がギャンブル好きで家庭にお金を入れないなどの例では、生活保護は受けれず、 そのまえに自己破産や協議離婚など別の解決を行う必要があるようです。そのほかにも、健康な体を持っているのに働いていない、働く気がない。 持ち家や資産価値があるものを所有している場合、援助してもらえる身内がいる場合、その他利用できる制度が残っている場合には、 そちらをまず検討する必要があります。まずは自分でできることをすべて行ったうえで、 それでも最低生活費に満たない収入しか得られない場合になりはじめて生活保護を受けれる条件に立つことができるようです。 母子家庭では、父親がいませんのでまずは生活保護の申請をする前に児童扶養手当や児童手当、失業中なら失業保険などが受けれるかどうか各種手続きを申請してみましょう。 それでも母子家庭で最低生活費に満たない場合には、生活保護が適用できるか市役所や福祉総合センターの生活保護相談窓口にて相談してみましょう。また母子家庭で住むところがない場合は、母子家庭 生活保護向けの賃貸住宅も最近は増えているようですのでそういったものを利用するするのも良いのではないでしょうか。