脳 病気 前兆

脳の病気といえば、脳動脈やくも膜下出血、脳梗塞、脳出血などの病名をよく耳にします。

スポンサードリンク

この脳の病気の多くは前触れもなく急に発症し、ひどいとそのまま意識不明で亡くなってしまうこともあるほどとても怖い病気のひとつです。特にくも膜下出血という脳の病気は、3人に一人は死に至るというほどさらに怖い脳の病気です。これらの怖い脳の病気には前兆などはあるのでしょうか。脳の病気の前兆がわかれば、発症する前に病院で検査を受けて早めの処置や治療ができると思うのですが‥。
ちなみに脳の病気の脳梗塞やくも膜下出血は、脳卒中の一種で残念ながら前兆の症状はないようです。脳卒中の病名自体が前触れ、病気の前兆がないことを意味していて発症してから気づくという病気のようです。それじゃ手のうちようがないですね。ただ、前兆や前触れを知ることはできなくても予防することはできるみたいなので、脳の病気に掛かりにくくするために食事管理や体調管理には普段から気をつけておきましょう。ちなみに脳の病気を引き起こすとされる関係性が明らかになっているものを危険因子と呼び、例えば脳の病気に掛かりにくくしたい場合には、その病気の危険因子を取り除く対策を行うのが最も大切だといいいます。

脳の病気(脳卒中)を予防するための危険因子

例えば脳卒中の危険因子に挙げられているのが、タバコを吸う(喫煙)、お酒の飲み過ぎ(飲酒)、高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、肥満、運動不足などがあります。この危険因子に該当している場合は少しでも減らすことで、脳卒中の予防になります。また病院で脳の病気の検査(脳ドック)や健康診断等で頭部MRIによる血管を撮影することで脳卒中になる前の脳梗塞も発見できるようです。とりあえず脳の病気の前兆を気にする前に、まずは病院で検査を行い診断してもらうのが一番のようですね。それから危険因子についても自分でできることを行っていくだけでも大分違うのではないでしょうか。そのためにも脳外科や脳神経外科の名医がいる病院を探す必要があると思います。せっかく検査を受けても、未熟な医師の場合は例え症状があったとしても見つけられなかった、見逃してしまうこともあるという。信用できる医師や病院探しも患者にとっては検査を受けることと同じように大事です。また検査料金もどこまで検査するかによって、大分異なるようです。

脳の病気は脳ドックで検査

脳の病気や予防を兼ねるならまずは、脳ドックや健康診断を受けよう!現在では、頭部MRIの検査で脳卒中になる前の脳梗塞も発見できるというので、気になる人は検査してもらおう!

スポンサードリンク