e-learningで登録販売者になろう!

e-learningで登録販売者の資格が取れるみたいですよ。最近はほんと便利な世の中になったものです。

スポンサードリンク

e-learningなら登録販売者の勉強も自宅のパソコンから通信教育で勉強できるから、 今までみたいに資格取得するために自宅から何時間も掛けて登録販売者の資格が学べる専門学校や塾に通ったりしなくても良いんですよね。 自宅でできるから、今まで遠くの専門学校や塾に行くための移動時間も資格取得の勉強時間にまわせるところはホント大きいよね。 自分の家が都心じゃなくて、郊外で登録販売者の資格を取りたいけど断念していた人にはまさに朗報ですね。 e-learningで登録販売者の資格が取れれば、薬剤師に代わって薬も販売できる、医薬品販売の専門家として活躍できる場所が広がりそうです。ドラッグストアや薬局で働いていて、薬を販売するときだけ、担当の薬剤師さんに交代していたのが登録販売者になれれば今度からは自分でお薬を販売できるのってかなりプラスだよね。時給や手当てなど給料の面でもお店の評価も変わってくるだろうし。今まで、ドラッグストアで品出しとかがメインだった人もこの登録販売者を取れば、お客さんとの直接の関わりや仕事へのやる気も変わってきそうだね。でもその代わり登録販売者は薬を扱うから責任も重大だよね。

e-learning 登録販売者になるにはどうするの?

e-learningで勉強して登録販売者になりたい人は、まずe-learning(通信教育)のシステムを扱っている資格支援の会社を探して登録販売者の講座や学習を行っているところの資料請求するのが良いのかな。またe-learningで見つからない場合はWEBラーニングやEラーニングなど言葉を変えて探してみると良いかも。まだ登録販売者というものもが今年(2008年)の春から試験がはじまった新しいものだから、e-learningでの登録販売者の講座支援を行っているところもまだまだ少ないですね。これから登録販売者という注目が集まってくると、講座内容も充実してくると思います。また登録販売者の受験資格には学歴や実務経験(特に実務経験が重要です)が必要になってくるから現段階で薬の販売に携わる職業に就いていないと登録販売者への受験資格自体が得られないで、かなり厳しいのではないしょうか。

スポンサードリンク

e-learning 登録販売者

e-learningで登録販売者の資格を取ればドラッグストアや薬局などで現在働いている環境での活動の幅が広がります。