ひげの成長速度と関係がある脱毛費用

ひげの成長速度と関係がある脱毛費用

こちらでは、ひげの成長速度と脱毛費用についての関係を紹介します。

 

エステでのひげの脱毛や永久脱毛の費用の多くは、一回あたり幾らと回数によって
セットプランの値段が決まっています。

 

そのため、毛が濃い、多いなどの理由で脱毛の施術を行う回数が増えれば、それに比例して費用も
増えていくことになります。

 

特に永久脱毛は毛が生えてこなくなるまで何度も行うことで、より脱毛効果を得ることができますが、
人それぞれ毛の状態によって施術回数も微妙に変わってきます。

 

ではなぜ一度だけでなく、何度も行わなくてはいけないのか?

 

‥その原因には毛周期が関係しているといいます。

 

 

ひげの毛周期は成長期、退行期、休止期の3サイクル

 

ひげに関わらず、毛には生えてから抜け落ちるまでの周期があり、各周期によって役割が異なります。

 

その毛周期は大きく分けて3つに分かれています。

 

まず、成長して伸びるまでの期間を成長期、伸びきってから抜けるまでを退行期、伸び始めるまで
栄養を蓄えて休んでいる期間を休止期とそれぞれ呼ばれています。

 

脱毛の多くは、すでに生えている毛(成長期や退行期の毛)に対しては、施術を行うことで
肌をツルツルに仕上げることが可能になっているようですが、休止期にいる毛に対しては、
脱毛機の特性上限界もあるようです。

 

そのため、一度生えている毛をきれいにしたとしても、休止期にあった毛が生えてきてしまうと
その都度また施術を行うことになります。

 

ちなみに休止期間は栄養を蓄えて出てくるまで、短くて2ヶ月から長いものだと1年ほど
掛かるようです。

 

しかも、体毛の2/3は休止期に入っていることから、脱毛ですべての毛を処理しようとするには
それなりの期間と費用がかかることになります。

 

ただ、最近話題の医療レーザー脱毛では、この休止期に入っている毛にも効果的に照射が可能なため
休止期の毛が生えるまで待つ必要もなく、脱毛期間も短縮でき回数や費用も大分抑えられるようです。

 

もし仮に永久脱毛を行うのなら、この休止期の毛にも施術が効果的かどうか知ることで、費用の面でも
大きく影響してきそうです。