競馬の税金は一時所得

スポンサードリンク

競馬の税金ってどうなるの? 競馬の税金って一度は払ってみたいものですね。だって競馬の税金払うってことは 競馬に勝たないと払えませんからね。 そういえば競馬の税金といえばお笑いコンビ爆笑問題の田中さんが大の競馬ファンで去年の2007年に 2回ほど万馬券を当てたことでニュースにもなっていましたね。 一度目は、購入金額1.000円で馬連83.570円と購入金額500円で三連複119.000円を当てて 合計143万700円。2回目は購入金額200円に対して3連単277.430円で合計55万4860円だそうです。しかも万馬券を当てた競馬は両方とも2007年の去年です。しかもその万馬券が出た感覚は2ヶ月ほど。たしか田中さんも競馬で得たお金はちゃんと税金として払わなければと言ってましたね。競馬の税金ってどれくらい払うのかと気になるところですが、年間50万までは特別控除があるようです。ただ、ハズレがいくら多くても配当金(払戻金)と相殺はできないようなので、負けつづけるとただの損になります^^競馬の税金といいますが、細かくいうと競馬で買った勝ち金(払戻金)については一時所得として扱われるようです。一時所得については、営利を目的とする所得以外の所得ということで、(※詳しくはもっと細かいですが)他にはどんなものがあるかというと、生命保険の積み立てによる満期金や埋蔵金を発見してそれによって報酬を得たとかがそれにあたるようです。名前の通り”一時”所得ですね。

競馬の税金を申告しないでいるとどうなる?

競馬の税金って難しいです。っというか税金って会社員なら会社が基本的に収めてくれますからそれほど税金を気にしている人はいないのではないでしょう。その影響か競馬に税金が掛かると知っている人も少ないのではないでしょうか。っということで競馬で勝ち金(払戻金)を得た場合にはちゃんと年度末に確定申告して税金を収めましょう。またJRAの電話インターネット投票で口座振込みを使っている人は、勝ち金があまりにも多いと税務署から申告してくださいと電話が掛かってくるようですのでご注意ください。っといっても競馬の税金が納められる人って実際どれくらいいるのでしょうか‥。→【馬券と税金の怖い関係】

競馬 税金

競馬で税金を払えるようになるための馬券の買い方があるという。競馬で勝つには数学の理論を用いたリスクの低い馬券の買い方があるようです。その方法とは‥

スポンサードリンク