猫の避妊手術って何?料金や危険性は‥

スポンサードリンク

猫の避妊手術は大事だよね。 猫って基本的に犬と違って、放し飼いにしている人が多いから、近所で出合ったオス猫と知らないうちに お腹が大きくなって子供ができちゃって大変。 生まれた子猫も自分で飼ってあげたいんだけど、そうもいかず動物が好きな欲しい人にあげたりして。 生き物だからそういうところは雑に扱うこともできないよね。 猫の避妊手術って動物病院とかでできるみたいだけど、猫の避妊手術の費用も2〜5万円程度でできるから、 あまりにも子供を生むようなら猫の避妊手術もしといた方が良いかも。 でも猫の避妊手術っていっても、やっぱり猫の体にメスを入れたりするわけだから 万が一の危険性も否定できないよね。 特にメス猫の避妊手術ってお腹を開く手術だから、高齢になるほど負担も大きい。 だから猫の避妊手術の時期は、生まれてから6〜7ヶ月位のうちに受けておいたほうが良いんだってね。 ちょうどその期間がはじめて発情する期間なんだけどその期間を目安に手術する人も多いんだって。 あと猫の避妊手術は全身麻酔で行うから、麻酔薬によるアレルギー反応とか出る危険もあるみたいだよ。 そのへんのアレルギーやネコの体調とかは、避妊手術する前にすべて検査してリスクについても お医者さんに教えてもらえるから、手術の危険はお医者さん次第ってところだよね。 失敗して、悲しいことにならないように、猫の避妊手術の経験がたくさんある病院やお医者さんを 探して選ぶことが大事だね。 あと避妊手術の費用がちょっと高くて払えない場合には、猫の避妊手術に対する助成金もあって 少ないけど1頭あたり3.000〜4.000円の補助金を出してくれる自治体もあるみたいだから、 自分の住んでいるところで確認して補助金の制度に申し込みしてみるのも良いかもね。 避妊手術の術後だけど、猫にとっては生殖活動が出来なくなっちゃうのは悲しいことなんだけど その分、性的ストレスから開放されて、ストレスや病気予防にもなるんだって。 あと寿命も延びたり猫と長く一緒に暮らしたい人は避妊手術をしておくのも良いね。 でも間違ってはいけないのはやっぱり、避妊手術は人間のエゴの部分も間違いなくあると思う。。 交尾しないことで人間側からするとすごく飼いやすくなったり、手間がかからなるかもしれない。 けどそのへんが猫の避妊手術をするかどうか問われるところだね。ほんと難しい問題だよ。