爆笑問題 田中 万馬券を的中!?

爆笑問題の田中が万馬券を的中させたみたいですね。しかも爆笑問題の田中は万馬券を当てたのはなんと3回目だそうです。2007年という短い期間になんと爆笑問題の田中は万馬券を3回です!3回‥。しつこいようですが(笑)一回目は、6月30日2回福島5日目第7レースにて馬連と三連単で約140万ほどの払い戻し。そして2回目は第43回新潟記念にて3連単で計55万円。そして3回目は第67回皐月賞これが一番の高額万馬券で3連単で約800万ほどの配当金を得ています。この的中させたすべての合計金額を合わせると1.000万円を超える配当を得ていますね。※詳しい馬券のレースや掛け金、払い戻し金額については爆笑問題 田中万馬券のウィキペディアをご覧ください。ほんと競馬ファンとしてはうらやましい限りです。しかも爆笑問題の田中は万馬券を実際に買って当てたのは、3回ですが、予想を的中させたのは他にもあるようです。東京スポーツにて競馬コラムを掲載していた連載初回に予想を的中させ、東京スポーツの一面を飾ったこともあるそうです。噂では二週連続で当てたという噂もあります。爆笑問題の田中は運が良いのか競馬予想するのがが上手いのかほんとに凄いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

爆笑問題 田中 万馬券の税金は!?

ちなみに万馬券を当てると‥というか競馬の配当金には税金がかかるのを知っているでしょうか。宝くじは法律で当選金には税金は掛かからないようになっていますが、競馬の配当金には税金(所得税)がかかります。詳しくは、一時所得という税金ですが、この税金は年間配当金の合計額が50万円を超えると掛かるようです。なので爆笑問題の田中の万馬券の払戻金についても所得税(一時所得)がかかることになります。ちなみ、この所得税については、その人の年収によって変わるようで税率にいくらが適用されるかについてはその人の年収次第ということらしいです。爆笑問題の田中さんはもちろん高額納税者なので、適用される税率も一般の人とは大分異なります。爆笑問題の田中さん自身も万馬券が当たったことをすぐ税理士の人と相談したらしく、税理士からは”半分は覚悟しておいたほうが良い”といわれたようです。万馬券が当たっても配当金には税金を収めなくてはいけないことを考えると、素直に喜ぶことができないかもしれません。でも夢は万馬券で数百万数千万単位のお金を手にしたいと思ってしまいますよね。そういった大金を手に出来る競馬にはやっぱり夢がありますね。最近では競馬を的中させるソフトや競馬に勝つためのノウハウも多く出ているので、買っている人のやり方を真似していつか万馬券を当てれるようになりたいものです。